夜行バスで!?変わった旅行プランを楽しもう

モーニングから楽しもう

旅行で新幹線や飛行機ではなく、夜行バスを利用すると目的地に朝に着いてしまって途方に暮れたことはないでしょうか。ネカフェで時間を潰したり、ファストフード店やファミリーレストランで時間を潰すのはもったいないです。その土地でしか楽しめないようなことを楽しんでしまいましょう。たとえば名古屋ならモーニングが盛んです。けっこう早くから開いている喫茶店も多いのでその土地ならではのモーニング文化を楽しむのもおすすめです。他の土地でも、朝から野菜などの市場が立っていたり、温泉地なら朝風呂が楽しめたりするところがあります。昼前くらいに目的地についてゆったり観光もいいですが、朝ならではの観光の楽しみ方もおすすめです。

夜遅くまで遊び尽くせるのもポイント

飛行機や新幹線だとそこそこの時間で切り上げて帰らなければなりませんが、夜行バスは便によっては日付が変わるような深い時間のものもあります。昼間の観光だけではなく、ライブやクラブイベントなど、夜遅くまでかかるようなイベントなら夜行バスがおすすめです。また、ライブやイベントが終わったあと打ち上げとして友達と時間を気にせずゆっくり食事をしたりすることも可能です。また、イベントで遊んで疲れきっても、乗り換えなどの必要もなく眠って帰れるのもメリットでしょう。トイレ休憩もしっかりあるので途中で気分転換を挟むことも可能です。ただし夜遅かったり、バスの中で仮眠する必要があるため、体力に自信がある人にはおすすめの手段です。

そんなことアリ!?海外旅行をもっと楽しむためのお作法

適当さを受け入れること

海外と比べると、日本は異常なほどきっちりとしている国です。ですので、日本国内にいるような感覚で海外を旅行してしまうと、大変な目に合ってしまいます。まず列車の時間は大体の時刻だと思っておいた方が良いでしょう。時間通りに来るということはまずありませんので、タイトなスケジュールにしてしまいますと、全ての観光地を回ることは不可能です。また、ホテル側に何かを頼んだとしても、きちんと確認しなければやってくれないということもあります。日本のような、痒いところに手が届くようなキメの細かいサービスを期待してはいけません。海外に行く際には、突然のアクシデントを楽しむくらいの余裕を持って旅行することをおすすめします。

夜は一人で外出してはいけない

日本では、夜遅くに女性が一人で歩いていても、バッグを適当にぶら下げながら地下鉄の中で寝ていても、何も起こらないような国です。しかし、ほとんどの国では、きちんと自己防衛をしなければ、何らかのトラブルに巻き込まれてしまうことが多いのです。その中の一つとして、夜遅い時間帯には決して一人で出るかないということが挙げられます。夜ならではの楽しみなどもあるかもしれませんが、日本にいるような感覚で気軽に外に出て酔っぱらう等ということをしてしまいますと、自然とトラブルを引き寄せる結果になってしまうのです。自分の身は自分で守るようにしましょう。男性一人でももちろん危険なのですが、女性の場合さらなる警戒が必要です。

恋人募集中の女性必読!温泉旅行は誰と行きたい?

のんびり一人旅をする

温泉旅行の醍醐味は、ゆっくりお湯に浸かれることですよね。日頃忙しく働いている自分へのご褒美にするといいかもしれません。時間がなくても、週末や連休を利用して行く方法があります。また、近場の温泉だと日帰りも十分可能ですよね。温泉へ行く目的はいろいろですが、せっかくの旅行ですから、嫌なことはすべて忘れて旅行気分を満喫しましょう。仕事のこととか、プライベートのこととか、いろいろ気になると放ってはおけませんよね。しかし、気にしていても始まりません。あまり深刻になりすぎると解決できるものも出来なくなります。マイナーな気持ちは温泉のお湯と一緒に洗い流しましょう。お湯に浸かってさっぱりすると、新しい自分に出会えるかもしれませんね。

親しい友だちと一緒に行く

プライベートの時間の過ごし方は人それぞれですよね。一人でゆっくりしたい人は、部屋で音楽を聴いて過ごしたり、読書を楽しんだりする方法もあります。また、行動派の人は、親しい友だちと一緒にお出掛けするのもいいかもしれません。旅行先には日帰りから海外旅行までいろいろありますが、仕事を休まずに楽しむのなら近場を選ぶといいでしょう。旅行先候補として温泉があります。温泉といえば、ある程度の年齢の人が行くというイメージもありますが、若い女性の間でも人気になっています。お湯に浸かるだけでなく、付近の観光地まで足を運んだり、ご当地グルメを堪能したりするのもいいでしょう。女性同士の旅行を楽しめるのは独身時代の特権かもしれません。また、お気に入りの温泉地が見つかると、未来の旦那様と再び訪れる楽しみが待っているのではないでしょうか。

便利!旅行に持っていくと助かるグッズとは

荷物をなるべく少なくするために

旅行に行く際には、なるべく荷物を少なくした方が快適に過ごすことができますよね。とはいえ、あれもこれもと必要なものを荷物に詰めていたら、いつのまにか旅行カバンがパンパンになってしまう、という人も多いはずです。その場合、便利なアイテムを持っていけば荷物を少なくすることが可能なのです。その1つは、圧縮袋です。圧縮袋があれば、かさばる衣服もボリュームを抑えることができてコンパクトにまとめることができます。圧縮袋は百円ショップでも購入することができますので、ぜひ、用意しておきましょう。次に紹介するのが、ストローです。なぜ、旅行にストロー?と思われるかもしれませんが、これが意外にも重宝するのです。ストローの下をヘアアイロンで抑えると、アイロンの熱によってくっつきます。上部分のあいている方から化粧水を流し入れヘアアイロンで抑えれば、化粧水入れになります。使用する時にははさみでストローをカットすれば大丈夫です。メイク落としや美容液などもストロー容器に入れてしまえば、ポーチに収納することができてかさばりませんからおすすめですよ。

荷物が増えても大丈夫

旅行に行くと、お土産を購入することもありますよね。とはいえ、お土産を購入すると帰りの荷物が多くなることが気になる点ではないでしょうか。旅行カバンに入り切らなかったり、手で持たなくてはならなかったりして、お土産を購入することを躊躇してしまうこともあるはずです。その際におすすめなのは、たためるリュックを持っていくことです。特にナイロン製のものでしたら、使用しない時にはコンパクトにたためることができますし、軽いのでかさばらず持っていくことができます。お土産が多少増えてもリュックに入れてしまえば手があいて楽ですし、街歩きの時にも便利ですよ。ぜひ、これらの便利グッズを活用して、快適に旅行を楽しみましょう。

これならいつでも楽しめる!安く旅行に行く方法

安いきっぷで旅行しよう

どこに行くにもきっぷがなければ始まりませんよね。しかし遠くへ行くほど旅費がかさむので遠出はちょっと…と近場ばかりになっていないでしょうか。近場だけだと目的地も限られてしまいます。青春18きっぷなどの安いきっぷを上手に利用することで旅費を安く上げましょう。青春18きっぷは一日乗り放題で、かつ途中下車も自由というきっぷです。遠い目的地をひたすら目指すもよし、何日かかけて途中下車しながら広いエリアを旅行するのもよし、いろいろとプランも楽しめるでしょう。他にも土日限定のきっぷ、エリア限定のきっぷなど調べてみると面白いシステムのものがたくさんあります。きっぷを買ってからプランを立てたり、行き当たりばったりも楽しいものです。

ホテル代を安くしよう!

宿泊費も工夫次第で安くできます。同じホテルに泊まるにも、プランを立ててなるべく早めに予約すると早割が効くところもありますので、ネットでお得な宿を探すのがおすすめです。誕生日限定の割引プランや、シニア割引などもあります。道路に面していて騒音が気になるなどの、ちょっとした訳ありホテルや訳あり部屋で安く泊まらせてくれるところもあります。もっと安くしたいという人は、ホテルや旅館ではなくユースホステルを利用したり、カプセルホテルを利用したりするのもいいでしょう。普通のホテルに慣れている人は最初は戸惑うかもしれませんが、意外といい思い出になります。宿泊で浮いたお金でおいしいものを食べたりするのも旅の醍醐味です。